■ 極細・経鼻内視鏡電子スコープ ■

極細・経鼻内視鏡電子スコープ

「経鼻内視鏡」は、スコープの直径が5.9mmと細く鼻からの挿入が可能なことから、 咽頭反射(のどを通過する時の”おえっ”となる感じ)による苦しみを取り除き、また、医師と患者さんが対話しながら安心感のある「胃の検査」が進められる内視鏡です。

食道、胃、十二指腸などの上部消化管に対する代表的検査は経口内視鏡検査ですが、10mm前後の太さの内視鏡を挿入する際に舌や喉を刺激し、多くの方は咽頭反射を起こします。このため、内視鏡検査は”つらい”、”苦しい”と感じている人が多いのではないでしょうか。

当院では検査時の苦痛を軽減させることを目的に、経鼻的に挿入できる「経鼻内視鏡」による検査を取り入れております。

このウィンドウを閉じる